副作用とは

サプリや健康食品を毎日のように飲む上で、心配なのが副作用です。

副作用とは、その健康食品やサプリなどが目的とする効果に伴って発生する別の有害な作用のことを言います。

例えば、風邪を引いて薬を飲むと鼻水が止まったり、熱が引いたりの効果がある反面、次のような副作用が現れることがあります。

  • 眠くなる
  • のどが渇く
  • 体にかゆみを覚える
  • 体に発疹が出る
  • 動悸が早くなる
  • めまいがしてくらくらすす
  • 腹痛がする
  • 下痢をする

多くの薬などは飲用すると、血液により全身の各部位に運ばれていますので、体調や体質などにより副作用が現れることがあります。

正しく薬などを飲んでいても起こることがあります。

ブロリコの副作用について

ただし、基本的にブロリコは副作用はないようです。

なぜならば、ブロリコの主成分であるブロリコは、ブロッコリーという天然野菜から抽出しているからです。

口コミやネットの情報でも、ブロリコにより副作用で体調が悪くなったという情報は見かけません。

ブロリコは薬ではなくて健康食品の一つですから、副作用も出ていないと思います。

また、使用しているキャベツも安心の国産品で、中国産ではありませんのでその麺からも安全・安心です。

そうは言っても、個人的な意見ですが、ブロリコに限らずサプリメントを初めて飲む際には、推奨されている量よりも少なめに飲み、しばらく様子を見るほうが良いと思います。

ある程度経過して、自分が納得できるようでしたら、推奨される量へ徐々に増やしていくのが良いでしょう。

万が一、そうそうないとは思いますが、副作用らしき症状が現れたら、ブロリコのせいではないことも多いと思いますが、飲むのを止めて様子を見てください。

ちなみに、ブロリコの原材料との表示は次のようになっています。

原材料
ブロッコリー抽出物粉末
麦芽糖
結晶セルロース
ステアリン酸Ca
微粒酸化ケイ素

栄養成分
エネルギー/3.50Kcal
炭水化物/0.83g
タンパク質/0.01g
ナトリウム/0.08mg
脂質/0.02g

過剰服用はしない

体調が思わしくない方ほどこの傾向があるのですが、絶対に過剰服用はしないでください。

ブロリコは、1ヶ月に一箱、90粒くらいが推奨の量ですが、早く体調を良くしようと思って1ヶ月に2箱や3箱を飲むことは避けてください。

このようなことは百害あって一利なしです。

いくら天然の食べ物であっても、食べすぎては体に良いはずはありません。

「ブロリコ」半額モニター募集

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから